発症リスクが高い頸部脊柱管狭窄症!医療機関での治療が大事

患者
このエントリーをはてなブックマークに追加

性格までも症状に出る

医者

自律神経失調症は、精神・心療科などが深く携わってくれます。性格などは生まれつきであるため、なかなか変えることは難しいものの、抑圧されたエネルギーなどが蓄積されることにより、様々な不調に見舞われやすくなるためにコントロールを図れる治療などが人気を高めています。

読んでみよう

健康に必要なかかりつけ医

病棟

健康的な暮らしをするには、かかりつけ医を持つことが必要です。かかりつけ医として最適なのは内科医です。内科は全ての症状を診察してくれます。診察結果によって他の専門の医療機関を紹介してくれたりもします。例えば横浜市の都筑区に転居した場合、自宅の近くの内科医を調べ、地元で評判の良い医院を選ぶようにします。

読んでみよう

勘違いしやすい疾患

男性

首が原因の痛み、しびれ

脊柱の中には空間があり、その空間を脊柱管と言います。そして、脊柱管が狭窄してしまう疾患を脊柱管狭窄と言い、首の骨、頸椎で発生する脊柱管狭窄症を頸部脊柱管狭窄症と言います。なぜ、脊柱管が存在しているのかというと、その中に神経が通っているからです。言い換えれば、脊柱管が神経を守っているのです。その脊柱管が狭窄してしまい、本来守るべき神経を圧迫してしまう疾患が脊柱管狭窄症となります。従って、脊柱管狭窄症の症状はしびれや痛みといった神経にまつわる症状であり、頸部脊柱管狭窄症に関しては、その症状が首や肩、上腕から指先にかけて発生することが多いです。脊柱管の狭窄は経年劣化の1つとされますので、頸部脊柱管狭窄症は加齢とともに発症リスクが高くなります。ただ、首の怪我等を経験している人は、若くても発症することがあるのを心得ておきましょう。

医療機関を受診

腕や手、指に思い当たる節がないのに痛み、しびれがあったとしたら、おかしいと気づくのでしょうが、首や肩の痛み、しびれはコリと混同しがちです。つまり、頸部脊柱管狭窄症は疲れが原因だと勘違いされがちな疾患ですので、その点は注意が必要です。頸部脊柱管狭窄症は医療機関で適切な治療を受けるべき疾患となります。医療機関では痛み、しびれを抑える薬物療法が用いられるのが一般的です。但し、首や肩のコリ対策として講じられるストレッチや温熱療法も有効となります。その理由は、脊柱管の狭窄が大元の原因だとしても、痛み、しびれは筋肉の硬直等も少なからず原因となっているからです。ただ、ストレッチも温熱療法も素人の思い付きで行ってしまうと症状を悪化させる危険がありますから、専門家の指導を仰いで行うべきでしょう。

医療の現場に必要な業務

看護師

人工透析を受ける必要のある患者さんにとって、通院する為の手段が確保される事が大切になります。車いすを利用する高齢者の人のとって、送迎サービスは欠かせない医療ビジネスです。送迎サービスを利用する事で、安心して通院する事が出来ます。

読んでみよう